English   facebook



岡田紅陽写真美術館
富士山の写真家 岡田紅陽の美術館。千円札のデザインの元となった「湖畔の春」などの代表作をはじめ、常設展として約50点の写真作品を展示しております。

小池邦夫絵手紙美術館
絵手紙の創始者 小池邦夫の美術館。初期の絵手紙から近作『富嶽百景』まで約300点を展示しております。

Photo

絵手紙体験
絵手紙の合言葉は「ヘタでいいヘタがいい」。 絵が苦手な方、文章を書くのが苦手な方、絵手紙はどんな方でもえがくことができます。
※要予約:0555-84-3222



休館日カレンダーを大きくする

リンク

 

 

 

 

 




次回企画展 高砂淳二写真展 Dear Earth

世界中の国々を訪れ、海の中から生き物、虹、風景、星空まで、地球全体をフィールドに活躍している写真家 高砂淳二氏の写真展「Dear Earth」を開催いたします。 写真集「Dear Earth」を中心に「そら色の夢」と最新刊「LIGHT on LIFE」の作品も織り交ぜて本企画展用に高砂氏に再編集していただきました。
“天空の鏡”に映る満天の星(ウユニ塩湖・ボリビア)、夜のエンジェルフォールに架かる虹(ギアナ高地・ベネズエラ)、グルンダルフィヨルズルに現れたオーロラ(アイスランド)などの美しい光景、 天の川の下で寝静まる無数のペンギンたち(フォークランド諸島)、赤い塩湖のほとりでくつろぐビクーニャの親子(ラグナコロラダ・ボリビア)などの生き物・・・地球は美しく生命の輝きに溢れています。
自然の恐ろしさばかりが強調されがちな今、地球の美しさを分かち合いあたたかな地球の鼓動を共に感じてほしい、そんな思いが込められた写真展です。



会期中のイベント


左上から・・・スコーガフォス(アイスランド)/ジェンツーペンギン(フォークランド諸島)
リャマ(ラグナコロラダ・ボリビア)/ウユニ塩湖(ボリビア)/グルンダルフィヨルズル(アイスランド)
撮影:高砂淳二(http://junjitakasago.com/)








【全国絵手紙公募展について】
小池邦夫絵手紙美術館では全国一般からテーマに沿った絵手紙を募集し、応募絵手紙全てを展示する「全国絵手紙公募展」を毎年開催しています。 毎回多くの絵手紙のご応募をいただき、これまでに展示した絵手紙の総数は35,577通にも上ります。13回目となる今年のテーマは「雑草」です。多くのご応募をお待ちしております。

【テーマ「雑草」について】
邪魔者扱いされがちな雑草。しかし、「雑草魂」と言われるように、どのような環境でも育つ生命力は、 苦境にあってもめげない事の喩になっています。 雑草魂を発揮した体験の他、名前は知らないけれど気になる雑草、好きな雑草、憎らしい雑草などを絵手紙にしてお送りください。


【応募規定】
[応募締切]募集中〜平成30年8月8日(水)必着
[サイズ] 62円切手にて郵送可能なもの
[応募点数] 1人2点まで(2点応募する場合は封書でまとめてお送りください。)
絵手紙面のあいている部分にお住まいの「都道府県名」「氏名」を明記し、宛名面に「住所」 「氏名(ふりがな)」を楷書で記入してください。
[団体で応募する場合]
教室・サークルなどでまとめて応募する場合は、封書にて教室名・サークル名を記載しお送りください。
一人2通応募する方がいる場合は、必ず輪ゴム等で2通をまとめてください。
まとめて応募する場合でもすべての絵手紙面に「都道府県名」「氏名」、宛名面に「住所」 「氏名(ふりがな)」を楷書で記入してください。
[応募先]
〒401-0511 山梨県南都留郡忍野村忍草2838-1
小池邦夫絵手紙美術館 公募展係









たくさんのご応募お待ちしております!パンフレットのダウンロードははこちら







ご利用案内
観覧料金  開館時間  休館日  交通のご案内  駐車場  館内施設貸出
スケジュール
常設展  企画展  イベント
館内案内
館内1階  館内2階
岡田紅陽
岡田紅陽年譜
小池邦夫
小池邦夫年譜  絵手紙体験  クニオ倶楽部



(c) 2004 Shiki-no-Mori Oshino Park.
このサイトにおける画像・文字・その他のデータのダウンロード他サイト等への転載、
印刷物等への二次使用を固く禁じます。