English   facebook


岡田紅陽写真美術館
富士山の写真家 岡田紅陽の美術館。千円札のデザインの元となった「湖畔の春」などの代表作をはじめ、常設展として約50点の写真作品を展示しております。

小池邦夫絵手紙美術館
絵手紙の創始者 小池邦夫の美術館。初期の絵手紙から近作『富嶽百景』まで約300点を展示しております。

Photo

絵手紙体験
絵手紙の合言葉は「ヘタでいいヘタがいい」。 絵が苦手な方、文章を書くのが苦手な方、絵手紙はどんな方でもえがくことができます。
※要予約:0555-84-3222



休館日カレンダーを大きくする

リンク

 



展覧会没後10年 飯島志津夫写真展「四季巡る富士」

今年は写真家 飯島志津夫氏の没後10年を迎えます。飯島氏は「富士の写真を写す為にはまず富士の自然から学ばなければならない」と、 1962年に富士山麓の富士吉田に住むことを決意しました。以来、富士山と山麓の自然や風土を撮影し続け、写真を通して地元の自然や風俗の保存活動にも貢献されました。 また、2005年には岡田紅陽写真美術館へ貴重な作品を寄贈くださいました。 そこで、没後10年の節目の今年、飯島氏の業績を振り返る「飯島志津夫写真展―四季巡る富士―」を開催いたします。 飯島氏より寄贈された作品の中から、富士山の四季をテーマに約40点を展示いたします。


左から
光芒(南部町・平成8年)
夕照に雲湧く(富士河口湖町・平成5年)
厳冬光芒(本栖湖・昭和59年)




ご利用案内
観覧料金  開館時間  休館日  交通のご案内  駐車場  館内施設貸出
スケジュール
常設展  企画展  イベント
館内案内
館内1階  館内2階
岡田紅陽
岡田紅陽年譜
小池邦夫
小池邦夫年譜  絵手紙体験  クニオ倶楽部

(c) 2004 Shiki-no-Mori Oshino Park.
このサイトにおける画像・文字・その他のデータのダウンロード他サイト等への転載、
印刷物等への二次使用を固く禁じます。