岡田紅陽写真美術館
富士山の写真家 岡田紅陽の美術館。千円札の富士山のデザインの元となった「湖畔の春」などの代表作をはじめ、常設展として約50点の写真作品を展示しております。

小池邦夫絵手紙美術館
絵手紙の創始者 小池邦夫の美術館。初期の絵手紙から近作『富嶽百景』まで約300点を展示しております。

Photo

絵手紙体験
絵手紙の合言葉は「ヘタでいいヘタがいい」。 絵が苦手な方、文章を書くのが苦手な方、絵手紙はどんな方でもえがくことができます。
※要予約:0555-84-3222




休館日カレンダーを大きくする





令和3年9月29日(土)~ 12月12日(日)
第16回 小池邦夫絵手紙美術館 全国絵手紙公募展「いろどり絵手紙」

【全国絵手紙公募展について】 小池邦夫絵手紙美術館では全国一般からテーマに沿った絵手紙を募集し、 応募絵手紙全てを展示する「全国絵手紙公募展」を毎年開催しています。16回目となる今年は「いろどり絵手紙」をテーマに絵手紙を募集いたしました。

【テーマ】温かいイメージが湧く色、元気が出る色、癒される色など、私たちは色に 対して様々なイメージを持っています。好きな色からイメージするものや、 色に関する思い出など、色をテーマにした絵手紙展です。

入場無料(常設展は別途)
〔会場〕小池邦夫絵手紙美術館 企画展示ホール
〔会期〕令和3年9月29日(土)~ 12月12日(日)
〔休館日〕火曜日、11/4(木)、11/24(水)。※11/23(火・祝)は開館。
〔開館時間〕午前10時~午後5時(午後4時半最終入館)
〔主催〕忍野村教育委員会(小池邦夫絵手紙美術館)
〔協力〕
日本絵手紙協会
〔後援〕山梨県、山梨日日新聞社・山梨放送、エフエム富士、テレビ山梨



「いろどり絵手紙」展にご来場の方に絵手紙カレンダー(令和4年1月始まり)を配布いたします。数に限りがございますのでお早目に!
※配布する絵手紙カレンダーに掲載されている絵手紙は、令和2年度に開催した「ふるさと再発見」展にご応募いただいた1,778通の絵手紙の中から小池邦夫が選びました。 各都道府県ごとに1枚ずつ、計45枚掲載されています。県ごとの特産物や特色を絵手紙で楽しめるカレンダーです。


昨年度開催した絵手紙公募展の会場の様子です。



縁結び大学

リンク 縁結び大学の取材記事はこちら





ご利用案内
観覧料金  開館時間  休館日  交通のご案内  駐車場  館内施設貸出
スケジュール
常設展
 企画展  イベント
館内案内
館内1階  館内2階
岡田紅陽
岡田紅陽  岡田紅陽年譜
小池邦夫
小池邦夫 小池邦夫年譜  絵手紙体験  クニオ倶楽部
お問い合わせ
著作権関係・画像貸出(プレスの方)  施設貸出

Copyright 2004 Shiki-no-Mori Oshino Park.
このサイトにおける画像・文字・その他のデータのダウンロード他サイト等への転載、印刷物等への二次使用を固く禁じます。