岡田紅陽写真美術館では千円札のデザインの元となった「湖畔の春」などの代表作をはじめ、常設展として約50点の写真作品を展示しております。 また、富士の写真家 岡田紅陽のこれまでの軌跡を知ることのできる資料等の展示もおこなっております。
年譜

岡田紅陽(本名、岡田賢治郎)は1895年8月31日新潟県中魚沼郡 中条村 (現在の 十日町市 )に生まれました。曽祖父の喜兵衛(号・香雪)、祖父栄蔵(号・雲洞)、父龍松(号・耕雲)は代々学芸を好み、書画ともに優れた才能を残した人物でした。

そんな環境に生まれ育った紅陽は、早稲田大学入学後から写真に興味を持ちはじめ、1916年、21歳の時に忍野村からの富士に出会いました。この後、生涯を通じて忍野村からの富士山を最も多く撮影することになります。 大学卒業後、写真家としての道を歩み始めた紅陽の身を関東大震災が襲います。 未曾有の大被害を受けた東京や関東各県を、紅陽は東京府の委嘱を受け撮影します。 この記録写真は後に『関東大震災記念写真帖』となり、全国の日本赤十字社道府県支部などで配布され、また解説文が英訳されて国際赤十字社の加盟国へ配送されました。

関東大震災を写真で記録したことで写真家としての大きな実績を得た紅陽。このころから念願の富士山撮影に本格的に取り組めるようになりました。 昭和に入り、紅陽の活躍は更にめざましいものとなります。 中でも、山田応水と共に撮影した全国の国立公園は、写真集や切手になり、国内外で注目を浴びました。

第二次世界大戦下でも、紅陽は戦争に関わる写真は一切撮影せずに富士山のみを撮影していました。1943年には《神韻霊峰》を昭和天皇に献上しています。しかし戦況が厳しくなると撮影を中止せざるを得ず、さらには自宅を空襲により失ってしまいました。
終戦を迎えると、紅陽はいよいよ富士山の撮影に没頭するようになりました。その中で同じように富士に魅せられた徳富蘇峰、川端龍子、横山大観、川合玉堂、川合信水などの文化人たちとの交流が生まれました。

紅陽の撮影した写真は現行の千円札(E号券)等、これまでに切手や紙幣に採用されたことが多いいため、彼の撮影した富士に懐かしさを覚える方も多いのではないでしょうか。 特に忍野村から撮影された農村と富士山の風景は、まさに「ふるさと」と言うにふさわしいでしょう。 切手やお札による紅陽の富士山写真の浸透は、戦後の日本人が持つ富士山のイメージ-日本の原風景としての富士山-を形成する一因になったと言えるのです。  

富士に魅せられ生涯を富士山にささげた紅陽は晩年こう語っています。「一枚として同じ富士は写していません。ましてや心の富士山はいまだ撮りえてはおりません。」と。 「富士こそわがいのち」とまで言い、常に心の富士山を追い続けた岡田紅陽。時代を経てもなお、彼の心は写真の中に息づいています。

ご利用案内
観覧料金  開館時間  休館日  交通のご案内  駐車場  館内施設貸出
スケジュール
常設展
 企画展  イベント
館内案内
館内1階  館内2階
岡田紅陽
岡田紅陽 岡田紅陽年譜
小池邦夫
小池邦夫 小池邦夫年譜  絵手紙体験  クニオ倶楽部
お問い合わせ
著作権関係・画像貸出(プレスの方)  施設貸出

Copyright 2004 Shiki-no-Mori Oshino Park.
このサイトにおける画像・文字・その他のデータのダウンロード他サイト等への転載、印刷物等への二次使用を固く禁じます。